ポイント還元率1.5%以上のモバイルSuicaで節約しつつ快適な陸の旅を | 髭犬の知恵袋

ポイント還元率1.5%以上のモバイルSuicaで節約しつつ快適な陸の旅を

髭犬_suica

モバイルSuicaは,ICカードの携帯が不要,どこでもチャージ可能と利便性が高いうえに,1.5%以上の還元率を誇ります.

交通系ICカード

公共交通機関で利用したい

鉄道,バス等の利用に欠かせないのが交通系ICカードです.Kitaka, Suica, PASMO, TOICA, manaca, ICOCA, PiTaPa, SUGOCA,nimoca, はやかけん,等々数多くありますが,2013年からこれらのICカードが相互利用可能となり,ますます利便性が向上しました.

相互利用

これら交通系ICカードを使えば,時間の節約ができます.駅で切符を買ったり,バス降車時に現金で支払うという手続きがすべて,非接触IC決済で1秒もかかりません.

さらに,お金の節約になります.ICカード独自の割引や,クレジット連携のポイント加算などを利用することで,基本的にお得になります.

どのICカードを選択すべきか

相互利用できてしまうと,どれを選んでいいものか迷ってしまうかもしれません.

定期券を地元エリアで発行する必要がある場合は,地元エリアのICカードをまず発行する必要があるので迷わないでしょう.しかし,定期券が不要な場合や,旅行や出張で全国を旅するのであれば,いずれかのICカードを選ぶ必要があります.

このように選択が必要な場合,おサイフケータイに対応した携帯端末を持ち,モバイルSuicaを利用することを髭犬はお勧めします.対応端末についてはこちらを参照.

モバイルSuica

このモバイルSuicaは,スマホなどの携帯端末でもSuicaを使えるようにしたもので,ICカードのSuicaより利便性が高いです.Suica以外の交通系ICカードは,携帯端末での利用は想定されていません.以下モバイルSuicaのメリットを説明します.

モバイルSuica

suica1

suica2

ICカード,定期券の携帯が不要

モバイルSuica

モバイルSuicaは,携帯端末にICカード(定期券含む)の機能を付与できます.そのため,ICカードの携帯が不要で,財布が軽くなります.髭犬は極力携帯するカードを減らしたいので,大変ありがたいサービスです.

いつでもどこでもスマホでチャージ可

クレジットカードと紐付けて,スマートフォンやフィーチャーフォンからチャージ可能です.日本全国どこからでも通信可能な限りチャージ可能です.つまり,不慣れな駅でチャージ機を探す必要がありません.

電子マネーとしても使える

当たり前ですが,電子マネーとして公共交通機関以外でも使えます.電子マネーの代表格ですので多くの店舗で利用できます(以下のマークが目印です).

Suica

新幹線のチケットレス,割引サービス

モバイルSuica特急券「モバトク」,スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」が利用可能

JR東日本管内の新幹線に,割引の価格でチケットレスで乗れます.スーパモバトクの方が割引率が高いですが,前日までしか購入できず予約変更できないなどの制限があります.旅程の変更が無いならスーパーモバトクがお勧めです.

詳しくはこちらから.

例えば,以下に東京から金沢への場合の料金を示しますが,スーパーモバトクでは紙のチケットより2,019円お得になり,モバトクでは740円お得です.

モバトク スーパーモバトク比較

なお,このサービスは,2020年までに廃止予定です.えきねっと経由で特急券を交通系ICカードに紐付けて購入できるようになるためです.

エクスプレス予約サービスのEX-ICカードが不要

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)で利用可能なエクスプレス予約をEX-ICカード不要で利用できます.以下で述べるViewカードまたはJR東海のエクスプレス予約と紐付けられたモバイルSuica限定です.くわしくはこちらから.なお,エクスプレス予約の年会費1,080円(税抜)は別途必要です.

普段からエクスプレス予約サービスを利用している方は,モバイルSuica利用で持ち歩くカードがさらに減ります.

Express画面

Viewカードとの連携によるメリット

Viewロゴ

JR東日本グループのViewカードは,モバイルSuicaとの相性が抜群です.以下,説明します.

ビックカメラSuicaカードがお勧め

先に定番カードについて紹介します.モバイルSuicaのためのサブクレジットカードに年会費を払うのは躊躇するものです.年会費無料にこだわって選定すると,ビックカメラSuicaカードが万人向けの定番でお勧めです.初年度年会費無料,次年度以降は前年度1回でも利用があれば無料です.ただし家族カードは作れず,定期券一体型ではありません.モバイルSuicaなら定期券一体型にこだわる必要はないと思いますが・・・・・・.

ビックカメラSuica

モバイルSuica年会費無料

フィーチャーフォンやAndroidスマホのおサイフケータイの場合

モバイルSuicaを利用するためには実は年会費が1,030円(税込)必要です.ただし,上記のようなViewカードと連携した場合は,年会費が当面無料とされています.もし有料にしたら多くのユーザを失いますので,今後も無料のままでしょう.

SuicaとPASMOエリアでのオートチャージが可能

オートチャージ

首都圏のSuicaとPASMOエリア,仙台・新潟のSuicaエリアでオートチャージが可能です.例えばSuica残額が2,000円以下になると,自動改札で3,000円を追加チャージさせることができます(それぞれの設定額は変更可).

このオートチャージを利用しないと,首都圏の混んだ改札で立ち往生して,田舎者扱いされてしまうかもしれません.

高い還元率

モバイルSuicaチャージで1.5%以上

JRE POINTロゴ

JR東日本では共通ポイントとして1ポイントの価値が1円のJRE POINTがあります.このポイントは1ポイントからSuicaとしてチャージ可能で,ポイント有効期限は最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末まで有効と実質無期限で非常に使いやすいです.

スイカチャージ可能

そして,Viewカードは,以下のViewプラス対象商品の利用で1,000円につき通常の3倍の15ポイント(還元率1.5%)が貯まります.

JRE POINT3倍

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券
  • JR東日本国内ツアー
  • Suica定期券,Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica,またはSuicaアプリケーション

※「EX-ICサービス」,航空券,イベント券,海外旅行商品,国内受託販売の旅行商品などは対象外

大切なことは,モバイルSuicaのチャージが対象であるということです.そして,モバイルSuicaは日本全国の相互利用可能な公共交通での搭乗はもちろんですが,それ以外にもコンビニエンスストアを筆頭に多くの店舗での利用ができます.ということは,公共交通機関だけでなく,コンビニ等でも高還元率になります.

また,クレジット明細をWeb明細にすると,請求月ごとに50ポイント貯まります.もし毎月モバイルSuicaチャージ等で請求があるなら,Web明細に関して1年で600ポイント貯まります.

例えば,Viewカードで毎月1,000円チャージすると,毎月Web明細とチャージ分のポイントを合わせて65ポイント貯まります.還元率は6.5%です.チャージ金額が多くなると還元率は1.5%に近づきます.

そのほか,年間利用額が30万円以上で250ポイント以上のボーナスポイントが付与されますが,誤差の範囲です.

JRE POINTをさらに貯める方法

JR東日本の経済圏は拡大を続けており,クレジットカード利用以外でもJRE POINTを貯めることができます.アトレ等駅ビルに対するJRE POINTカード(クレジット含む)やJREP表示のあるビューカードの提示でも貯めることができますし,対象店のSuica利用でも貯めることができます.

JRE POINTカードやビューカードの提示で貯まるお店登録したSuicaの利用で貯まるお店で,以下のように貯める方法が異なるので注意が必要です.

面倒なことは,JRE POINTカードやビューカードの提示にアプリが対応しておらず,本当に物理カード提示が必要なことです.持ち歩きカードを減らしたい髭犬は,物理カードは家に保管して,Suica利用分のみポイントを貯めています.

なお,クレジットカードで貯めたJRE POINTと上記の利用で貯めたJRE POINTを統合するためには,JRE POINTのWebサイトで手続きが必要です.こちらの各種利用ガイドを参照ください.

なお,現在JRE POINT機能のないビューマークのあるクレジットカードを利用している場合,2018年8月以降にカードを更新(無料)または再発行(有料)することで,JRE POINT機能を付加できます.ビックカメラSuicaカードについてもそうです.

髭犬は,制度変更前のJREP表示のないビックカメラSuicaカード保有で,かつモバイルSuicaを利用しているので,以下の画像のようにかなりややこしい登録状況です.

JRE POINTややこしい

海外旅行傷害保険(自動付帯)

一般のViewカードは,傷害,疾病について,それぞれ50万円上限の海外旅行保険が自動付帯します.少額ですが,これらの項目は他のクレジットカードの保険と合算可能です.詳しくは,下記を参照ください.

クレジットカードで海外旅行保険を節約
海外旅行保険は,複数のクレジットカードに付帯している海外保険をうまく活用することで節約できます.

国内旅行傷害保険(利用付帯)も付いてきます.ただし,普段の通勤通学や業務の範囲でモバイルSuicaや定期券などを利用しても保険は適用されません.旅行などで特急料金をモバイルSuicaで払った場合などは対象となります.

Apple PayのSuicaアプリの場合

2016年10月からiphone 7以降ではSuicaアプリ(Walletではない方)でモバイルSuicaと同等のサービスが利用できるようになりました.しかもビックカメラSuicaカードなどのViewカード以外のクレジットカードと紐付けても年会費が無料です(注:Viewカード以外ではポイント付与対象外の場合が多くオートチャージの利用もできません).ちなみにViewカード以外でSuicaアプリにチャージする場合は,年会費無料カードでは次のカードが還元率が高くお勧めです.

Kyash (リアル,バーチャルどちらでも)

Kyash リアルカード

チャージ上限(24時間3万円,月12万円)や6,000円以上チャージのみポイント付与などの条件があるものの2%還元になります.Kyashと紐付けるカードでもポイントが付与されるなら3%越えはいけるでしょう.髭犬のSFCゴールドはポイント付与対象でした.

髭犬のクレジットカード構成
髭犬のクレジットカード関係の備忘録です.ひょっとしたら参考になるかもしれません.

エポスゴールドカード(3倍対象ショップ登録かつ年会費永年無料達成済)

エポスゴールド

えらべるポイントアップショップにモバイルSuicaを登録すれば,特に利用制限無く還元率1.5%です.

Google PayのSuica

2018年5月からAndroid端末で利用できるGoogle PayアプリにSuica機能が付与されました.ただし,当然ですがおサイフケータイ機能(つまりフェリカ規格)のある端末に限定されます.Google PayのSuicaであれば,Viewカード以外と紐付けても年会費は無料です.Apple Payでもそうでしたが,年会費無料が大きなメリットでしょう.

デメリットとしては,Google PayのSuicaは,おサイフケータイのモバイルSuicaよりも機能が制限されています.こちらの機能比較をどうぞ.オートチャージ,定期券,モバイルSuica特急券,エクスプレス予約機能が必要ないのであれば,年会費が不要でお気に入りのクレジットカードが使えるGoogle PayのSuicaは魅力的です.(注:Viewカード以外ではポイント付与対象外の場合が多いです.基本的にApple PayのSuicaアプリへのチャージと同じです).

なお,すでにおサイフケータイでモバイルSuicaをお使いの場合は,Google Pay初回起動時に機能制限のないモバイルSuicaが自動登録されます.面白いのは,Google Pay側でモバイルSuicaに紐付けたカード以外のクレジットカードも登録できます.なんと同じSuica IDに2つのカードを紐付けられます.例えば,モバイルSuicaにビックカメラSuicaカード,Google PayにKyashバーチャルカードの2枚を紐付けておき,月にビックカメラSuicaカードから1,000円,Kyashから残りの利用分を6,000円以上単位でチャージすれば,機能制限を受けずに還元率は常に2%を越えます.

おわりに

モバイルSuicaは,非常に便利かつお得で,一度利用すると戻れません.まだ対応の携帯端末をお持ちで無い方は,次の買い換え時にご検討を.陸の旅がきっと捗ります.

なお,空の旅については,以下の記事をどうぞ.

スーパーフライヤーズカード(SFC)でANA上級会員を格安で維持する
SFC会員は,1年間だけ飛行機修行すれば入会でき,ANAラウンジ利用など様々な特典を半永久的に格安で利用できます.