S&P500 投資信託で,アメリカ主要企業に完全ほったらかし投資

髭犬_S&P500投資信託

難なアメリカ株長期積立投資は,代表的な株価指数S&P500に連動した投資信託を積立購入することです.

無難なアメリカ株長期積立投資

収益の再投資で得られる複利の力は絶大です.資本主義社会では,30年で資本の3倍化が期待できます.

上記記事にて,積立投資の重要性を示しました.

米国経済は,過去30年で株価指標を約8倍に増大させました.これは年率約7%の成長に相当します.

さらに,上記記事にて,S&P500指数のチャートから,アメリカ株は長期的視点に立てば,年5%以上の高成長を続けていることを示しました.実際には,分配金も含めて8~9%といったところです.

さて,無難なアメリカ株長期積立投資とは,このアメリカの平均的なパフォーマンスを体現するS&P500に連動した投資信託の積立購入です.具体的に説明していきましょう.

 S&P500指数に連動した投資信託

S&P500とは

アメリカ主要500社の株価に基づいて算出される指数です(公式サイト).市場の80%をカバーしており,まさにアメリカを代表する株価指数です.寄与率上位10社だけ示すと,下記の表の通りです(2017年8月31日時点).

銘柄ティッカーコードセクター
Apple Inc.AAPLハイテク
Microsoft CorpMSFTハイテク
Facebook Inc AFBハイテク
Amazon.com IncAMZN一般消費財
Johnson & JohnsonJNJヘルスケア
Berkshire Hathaway BBRK.B金融
Exxon Mobil CorpXOMエネルギー
JP Morgan Chase & CoJPM金融
Alphabet Inc AGOOGLハイテク
Alphabet Inc CGOOGハイテク

日本でもおなじみの企業が多いのではないでしょうか.アップル,マイクロソフト,アマゾン,フェイスブック,グーグル(アルファベット)は実際にサービスを利用している方もいるでしょう.エクソンモービルはアメリカ石油最大手で,日本ではガソリンスタンドのエッソですね.J&Jは,バンドエイドの商標を持っているメーカーです.バークシャーハサウェイは投資家として有名なウォーレンバフェットが率いる投資会社です.JPモルガンは銀行です.これらの超大規模企業を筆頭に,アメリカの市場は形成されています.

S&P500のセクターについては,下記の通りです.ハイテク,金融,ヘルスケアで50%を構成しています.これはアメリカのセクターといっても良いでしょう.

Breakdown

投資信託とは

投資会社がある基準で選定した商品です.投資信託は個別株の組み合わせが定番ですが,金であったり,原油であったりあらゆるものが対象です.もちろんS&P500指数に連動した投資信託も存在しており,人気商品となっています.

投資会社に運用を任せているので,保有しているだけで経費が発生します.その経費は,一定額ではなく,運用総額×信託報酬率という形で支払います.S&P500の場合,信託報酬は0.3%未満が定番でしょう.

代表的なS&P500指数の投資信託

日本円で購入可能な,信託報酬0.3%未満のS&P500投資信託を示すと下記の通りです(各種数値は記事更新時).現在は,iFree S&P500 インデックスだけでまだまだ少ないですが今後競合商品が増えてくるものと思われます.積立NISAやiDeCoでもどんどん採用されていくでしょう.

名称運営会社信託報酬(%)買付手数料時価総額(百万円)
iFree S&P500
インデックス
大和証券0.243なし2380

S&P500 投資信託のメリット

個別株と比べて低リスク

500社に投資されているので,充分に分散されています.指数を構成している数社の株が急落しても影響はほとんどありません.

円で投資できる

商品自体はドル建てで運用されていますが,購入時は円です.そのため,ユーザー側でドル買付を行うといった面倒な作業は必要ありません.また,外国株取引口座を開設するといったことも不要です.

少額から投資可能

証券会社によっては,100円から積立投資可能です.自由度が高い投資が可能ですね.

自動でリバランス

もし,S&P500指数構成銘柄に変更があった場合,投資会社が銘柄入れ替えを行ってくれます.情報収集や買付・売却操作は必要ありません.

自動積立

自動で積立投資が可能です.これは,長期投資を行う際のメリットです.毎月定額購入が可能です.ボーナス月増額にも対応できます.証券会社によっては毎日積立もできます.

自動分配金再投資

設定が必要ですが,配当に相当する分配金を再投資できます.分配金に係る税金を繰り延べでき,かつ自分で再投資するといった煩わしい作業から解放されることを意味します.かなり大きなメリットです.

なお,これら自動リバランス,積立,分配金再投資のおかげで,最初の買い付け設定以降は何もする必要がありません.完全なほったらかし投資が実現できます.

低い経費率

先に紹介した投資信託の信託報酬は0.3%以未満と比較的低コストです.期待される年リターン8~9%に対して,無視してもよいと思います.

NISA対応

売却益非課税のNISAに対応しています.もしNISA枠が余っているならNISA口座で買い付けしたいところです.なお,積立NISAにおいてもS&P500指数に連動した投資信託が登場します.

購入手数料無料(ノーロード)が基本

先に紹介した投資信託は,NISAで無くても購入手数料無料です.うれしいですね.

S&P500 投資信託のデメリット

優秀な個別株に比べて成長が遅すぎる

例えば,AmazonとS&P500の長期チャート(対数スケール)を比較してみましょう.

S&P500 amazon

Google Financeで最新の株価を比較

この20年でAmazonは,S&P500に対して100倍以上大きくアウトパフォームしています.これをどう思われるでしょうか?

個別株のリスクをとってAmazonに投資するか,S&P500のほったらかし投資で満足するかは投資家の裁量に任されています.

指値買できない

底値で購入といったことが,指値設定のない投資信託では不可能です.しかし長期投資の観点に立てばそれほど問題にならないと考えられます.

おわりに

S&P500 投資信託は,初心者や忙しい方などほとんどの方を対象とした最適な商品かと思います.完全ほったらかし投資が実現できます.

ある程度投資の知識がある場合は,より信託報酬の小さなS&P500上場投資信託(ETF)に投資するという選択もあります.

無難なアメリカ株長期投資商品は,代表的な株価指数S&P500に連動したドル建ての上場投資信託(ETF)です.

また,同様のほったらかし投資は,iDeCoでもできます.節税のメリット付です.

iDeCoの実態は,税制優遇された長期積立投資制度で,魅力的なアメリカ株にも投資できます.

フォローする