S&P500 投資信託で,アメリカ主要企業に完全ほったらかし投資

髭犬_S&P500投資信託

難なアメリカ株長期積立投資は,代表的な株価指数S&P500に連動した投資信託を積立購入することです.

無難なアメリカ株長期積立投資

投資の基本,複利効果を理解する
収益の再投資で得られる複利の力は絶大です.資本主義社会では,30年で資本の3倍化が期待できます.

上記記事にて,積立投資の重要性を示しました.

アメリカ株投資で5%以上の資本収益率を実現する
米国経済は,過去30年で年率約8%の成長を成し遂げてきました.米国株への投資は長期的な資産形成に有効と考えられます.

さらに,上記記事にて,S&P500指数のチャートから,アメリカ株は長期的視点に立てば,年5%以上の高成長を続けていることを示しました.実際には,分配金も含めて8~9%といったところです.

さて,無難なアメリカ株長期積立投資とは,このアメリカの平均的なパフォーマンスを体現するS&P500に連動した投資信託の積立購入です.具体的に説明していきましょう.

 S&P500指数に連動した投資信託

S&P500とは

アメリカ主要500社の株価に基づいて算出される指数です(公式サイト).市場の80%をカバーしており,まさにアメリカを代表する株価指数です.寄与率上位10社だけ示すと,下記の表の通りです(2018年8月31日時点).

S&P500 top 10

日本でもおなじみの企業が多いのではないでしょうか.アップル,マイクロソフト,アマゾン,フェイスブック,グーグル(アルファベット)は実際にサービスを利用している方もいるでしょう.エクソンモービルはアメリカ石油最大手で,日本ではガソリンスタンドのエッソですね.J&Jは,バンドエイドの商標を持っているメーカーです.バークシャーハサウェイは投資家として有名なウォーレンバフェットが率いる投資会社です.JPモルガンは銀行持株会社です.これらの超大規模企業を筆頭に,アメリカの市場は形成されています.

S&P500のセクターについては,下記の通りです.ハイテク,ヘルスケア,金融で過半が構成されています.

S&P500 Sector

投資信託とは

投資会社がある基準で選定した商品です.投資信託は個別株の組み合わせが定番ですが,金であったり,原油であったりあらゆるものが対象です.もちろんS&P500指数に連動した投資信託も存在しており,人気商品となっています.

投資会社に運用を任せているので,保有しているだけで経費が発生します.その経費は,一定額ではなく,運用総額×信託報酬率という形で支払います.S&P500に限定しないですが,定番の外国株投資信託の信託報酬は0.3%未満でしょう.

代表的なS&P500指数の投資信託

日本円で購入可能な,S&P500投資信託を示すと下記の通りです(2018年9月22日時点).信託報酬を判断基準にするとeMAXIS一択でしょう.ちなみに,いずれも積立NISAの対象投信にもなっています.

名称運営会社信託報酬(%)買付手数料純資産(億円)
iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドブラックロック0.405なし30
iFree S&P500
インデックス
大和証券0.243なし61
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)三菱UFJ国際投信0.1728なし32

なお,iFreeにはS&P500指数の2倍の値動きをするiFreeレバレッジS&P500インデックスという投資信託もありますが,やや信託報酬とリスクが高いため表には含めていません.

S&P500 投資信託のメリット

個別株と比べて低リスク

500社に投資されているので,充分に分散されています.指数を構成している数社の株が急落しても影響はほとんどありません.

円で投資できる

商品自体はドル建てで運用されていますが,購入時は円です.そのため,ユーザー側でドル買付を行うといった面倒な作業は必要ありません.また,外国株取引口座を開設するといったことも不要です.

少額から投資可能

証券会社によっては,100円から積立投資可能です.自由度が高い投資が可能ですね.

自動でリバランス

もし,S&P500指数構成銘柄に変更があった場合,投資会社が銘柄入れ替えを行ってくれます.情報収集や買付・売却操作は必要ありません.

自動積立

自動で積立投資が可能です.これは,長期投資を行う際のメリットです.毎月定額購入が可能です.ボーナス月増額にも対応できます.証券会社によっては毎日積立もできます.100円から投資できる証券会社もあります.

自動分配金再投資

設定が必要ですが,配当に相当する分配金を再投資できます.再投資という煩わしい作業から解放されることを意味します.かなり大きなメリットです.

なお,NISAなどの非課税口座で運用するときには,分配金は非課税ですし,再投資で取得した分も非課税扱いになります.

これら自動リバランス,積立,分配金再投資のおかげで,最初の買い付け設定以降は何もする必要がありません.完全なほったらかし投資が実現できます.

低い経費率

先に紹介した投資信託の信託報酬は小さいもので0.2%未満と比較的低コストです.期待される年リターン8~9%に対して,無視してもよいと思います.

NISA(一般、つみたて、ジュニア含む)、iDeCo対応

運用益非課税のNISAやiDeCoに対応していますので枠が余っているなら活用しましょう.特につみたてNISAやiDeCoは投資信託に特化した節税制度なので,賢く利用したいものです.

iDeCoについては,下記を参照ください.

個人型確定拠出年金(iDeCo)でアメリカ株に長期分散投資
iDeCoの実態は,税制優遇された長期積立投資制度で,魅力的なアメリカ株にも投資できます.

購入手数料無料(ノーロード)が基本

先に紹介した投資信託は,NISAで無くても購入手数料無料です.うれしいですね.

S&P500 投資信託のデメリット

ETFに対して,やや保有コストが高い

ETF(例えばVOO)では経費率が0.04%ですが,投資信託では0.1%を超えます.運用額が大きくなったときに効いてきます.ただし,投資信託では分配金再投資で分配金に係る税の繰り延べができるので,どっちもどっちかと思います.

指値買できない

底値で購入といったことが,指値設定のない投資信託では不可能です.しかし長期投資の観点に立てばそれほど問題にならないと考えられます.

実際に積立開始

実際に試してみようということで,髭犬も信託報酬が抑えられたeMAXIS Slim(S&P500)で積立してみます.

以下は記念すべき設定日2018/7/2に申し込んだときの画面です.買付可能日に毎日100円ずつ積立します.数年後どうなっているか楽しみです.

eMAXIS Slim S&P500

投資アレルギーがある方や投資初心者は,このように100円積立からまずは投資に触れてみてはどうでしょうか?

おわりに

S&P500 投資信託は,初心者や忙しい方などほとんどの方を対象とした最適な商品かと思います.完全ほったらかし投資が実現できます.

ある程度投資の知識がある場合は,より時価総額が大きく信託報酬の小さなS&P500上場投資信託(ETF)に投資するという選択もあります.

S&P500ETF(SPY, IVV, VOO)でアメリカ主要企業に投資
無難なアメリカ株長期投資商品は,代表的な株価指数S&P500に連動したドル建ての上場投資信託(ETF)です.

また,同様のほったらかし投資は,iDeCoでもできます.節税のメリット付です.

個人型確定拠出年金(iDeCo)でアメリカ株に長期分散投資
iDeCoの実態は,税制優遇された長期積立投資制度で,魅力的なアメリカ株にも投資できます.
投資
髭犬の知恵袋