MVNOの格安SIM利用で通信費削減

髭犬_SIMフリー

スマートフォンの通信費は,格安SIMを利用することで劇的に削減できます.この格安SIMの髭犬的選び方を紹介します.

MNO, MVNO, そして格安SIMとは

MNOとMVNO

格安SIMを理解するためには,まずMNOとMVNOを理解する必要があります.MNOは,モバイルネットワークオペレータの略,つまり実際にモバイルネットワーク網を維持管理している三大キャリアdocomo, softbank, auを差します.一方,MVNOとは,モバイルバーチャルネットワークオペレータの略で,MNOからネットワーク網を借りている会社で,数多くあります.我々ユーザーは,モバイル通信に必須のSIMカードをMNOかMVNOと契約することで,スマートフォンやフィーチャーフォンを使用することができます.

MVNOが供給する格安SIM

MNOとMVNOで大きな差がみられるのは,そのサポート体制と通信費です.MNOは,町中でよくかけるdocomo, softbank, auショップに代表されるように巨大な営業網を抱えており,身近な存在になっています.なにかスマートフォンで困ったときも,手厚いサポートを受けられます.しかし,その代償として,通信費(ほとんど賃貸料と人件費と販売促進費)はかなり高額で音声通話とデーター通信を合わせると月額基本料金が5千円を超えてきます.

一方,MVNOは基本的に店舗を持たず,インターネット上でSIM契約や解約を受け付けています.家電メーカー等に業務を委託している場合もありますが,三大キャリアのような手厚いサポートは受けられません.このようなコスト削減の結果,1SIMあたりの基本料金を音声通話付で2千円程度にすることも可能です.このMNOに対して安価なSIMのことを格安SIMといい,通信費を大きく削減できます.

乗り換え

固定費削減に格安SIM

家計の節約には固定費削減,つまり,電気・ガス・水道・通信費(固定インターネットならびにモバイルSIM契約)の削減をまず検討すべきですが,SIM契約見直しが最も効果が高いです.現在MNOを利用していて,通信費が高いと思われる方は,MVNOの利用を強く勧めます.ここでは,髭犬がいくつかのサービスに注目して,選ぶコツを紹介します.

格安SIM選定のポイント

実績と信頼がある

これまでのサービス提供期間がせめて2年を超えているMVNOを選びましょう.新興MVNOは,早晩サービスを停止する可能性があります.また,ユーザーの急拡大に対応できません.

評価No1

余った高速容量を有効活用できる

使い切らなかった高速容量を,翌月に繰り越し,またはキャッシュバックできるSIMにしましょう.月末までに高速容量を使い切らなきゃ損,という意味不明な考えしなくて済みます.

繰り越しの図

キャッシュバック図

3日間の高速通信量制限がない

それぞれのSIMには,毎月の高速容量上限が設定されています.しかし,その上限とは関係なく,3日間の高速通信に上限を設けているSIMがあります.そして,その上限を超えると数100kbpsに通信速度が落とされます.毎月の高速容量を超えていないのに,速度制限をかけるのははっきり言って失礼で,契約してはいけないSIMです.意外と盲点なので,きちんと調べましょう.

低速・高速通信を切り替え可

低速・高速通信をスマートフォンのアプリで簡単に切り替え可能な自由度の高いMVNOがあります.高速容量を意図的に節約したいときに便利です.

低速高速切り替え

低速時バースト転送機能

低速通信時にページを開いた最初の瞬間だけ低速通信が解除される機能です.テキストベースのウェブページであれば,開いた最初の瞬間でだいたい表示されるので,低速通信設定でも比較的快適に閲覧できます.いくつかのMVNOでは標準搭載されている機能です.

バースト

家族間の容量シェア

家族のSIMに限定せず,複数SIMの高速容量をシェアできれば無駄がありません.複数SIMを個々に契約して割引があるタイプと複数SIMを1つの割り引かれた契約で扱うタイプがあります.また,当月分の容量シェア(IIJmioなど)か,次月繰越分の容量シェア(mineoなど)にパターンが分かれます.注意点として,追加するSIM毎に別途追加料金を課す場合がありますのでよく調べましょう.

容量シェア

最近では,30GBを超えるような大容量オプションもあり,家族にヘビーユーザーがいても大丈夫です.

docomoとauどちらの回線にも対応

多くのMVNOは,docomoの通信網のみ借用して消費者に提供しています.auの通信網だけを借りているMVNOも少数あります.ちなみにsoftbankについては,通信網使用料が高すぎてMVNOから敬遠されています.このような状況で,docomoとauの両方の選択肢を提供しているMVNOは非常に珍しく先駆的で,今後も成長すると髭犬は考えています.特に個々のユーザの利便性とは関係ありませんが,このようなMVNOは,今後の成長が期待できます.

A&D選択

かけ放題(オプション)

携帯電話での通話は通常20円/30秒とお高いです.携帯番号を用いた通常の通話を頻繁にする方に便利です.追加費用が必要ですが,このサービスがあれば,MNOのかけ放題に慣れている人でもMVNOに移行しやすいですね.ただ,MVNOによっては1回のかけ放題に時間制限を設けています.ちなみに髭犬は,かけ放題は使っていません.

かけ放題

格安SIM選びで迷ったら

IIJmioかmineo

上記髭犬の選び方のポイントに沿って,各種MVNOサイトを参照して是非ともご自身で比較検討してみてください.どのMVNOにすべきかについては正解はないですが,MVNOに切り替えることは正解だと思います.

選んでいる時間が無い,または情報が多すぎて分からないという場合はすべての選び方ポイントを満たしたIIJmiomineoで良いと思います.

髭犬はIIJmioを使っていますが,特に不満がありません.ただ,もう一度選ぶとしたららmineoにしたと思います.mineoは名義が異なっても家族割引が適用でき,データーシェアも可能です.さらに,3親等以内の家族なら名義変更無料なので自由度大です.

IIJmio mineo

楽天ヘビーユーザーの場合は,上記選び方のポイントすべてを満たすわけではありませんが,楽天モバイルという選択肢があります.楽天エコシステムに囲い込まれてしまうのですが,それで受けられるメリットも多いです.

他にも沢山のMVNOがあり,ご自身の既存のサービスと組み合わせることでメリットを最大化できる場合があります.

IIJmioのモデルケース(髭犬)

より具体的にイメージできるように,髭犬ファミリーのモデルパターンでIIJmioの利用例を紹介しましょう.

髭犬ファミリーは,髭犬スマホ(音声付SIM),髭犬嫁スマホ(音声付SIM),家のwifiアンテナ(Data専用SIM)の合計3枚のSIMを高速容量10GBのファミリーシェアプラン(タイプD,つまりdocomo回線)でまとめて契約しています.

構成

この場合の月額は,以下の料金表から通話ゼロの場合は,3,960円(税抜)になります.実際には,通話する場合があるのでもう少しかかります.例えば,ある月の支払いは税込4,634円でした.

  • 月額基本料金 2,560円(税抜)
  • 音声通話機能付帯料 1,400円 (税抜)(1SIMにつき700円)
  • 毎月の携帯電話通話料20円/30秒×通話時間(税抜)

月額

どうでしょうか,家のインターネットも含めて夫婦の通信費が約5千円です.3大キャリア利用の方から見ると安いのではないでしょうか?

ちなみに上記のwifiアンテナは,PIX-MT100を使っています.このSIMカードを挿入したドングルをパソコンに刺すことで直接LTEを利用したインターネットもできますし,USB給電させることで無線wifi親機にもなる優れものです.docomo系のLTEバンド(B1,B3,B19)に対応しているので,その点注意が必要です.楽天またはAmazonでPIX-MT100の在庫・実売価格を調べることができます.

IIJmioの場合の注意点

髭犬はIIJmioに特に不満は無いですが,契約の時はつまづきました.以下に実際に髭犬が不満に感じた点を挙げます.

名義が異なる契約を取りまとめることはできない

髭犬ファミリーはauからMNPしたのですが,髭犬と髭犬嫁の契約の名義がそれぞれ異なっていたので,最初ファミリーシェアプランに取りまとめることができませんでした.auショップで髭犬嫁の名義の契約を髭犬に変更してから,ファミリーシェアプランで契約できました.

ちなみに名義変更ができないMVNOは多いです.今のところ名義変更ができるのは,OCNとmineoです.

住所は住所証明と全く同じとおり入力する

髭犬はオンラインで契約したのですが,そのときに証明として提出した運転免許記載の住所を少し省略して入力したところ,確認段階で弾かれました.誰でも分かるだろうというレベルの省略だったのですが.

契約時にマイレージモールを経由するとANAマイルが貯まる

ANAマイル

契約時にANAマイレージモールを経由すると,以下のとおり契約時と毎月ANAのマイルが貯まります.ANAマイラーなら利用したいところです.ただ,このマイル積算は契約時にしか設定できません.毎月付与分は,基本料金に対してマイル還元率約0.5%です.

  • 新規契約時:200マイル
  • 月額プランに応じたマイルを毎月付与
    • ミニマムスタートプラン:9マイル
    • ライトスタートプラン:15マイル
    • ファミリーシェアプラン:25マイル

おわりに

3大キャリアの通信費と名前がついた料金は,実際にはほとんどがショップの賃貸料と人件費と販売促進費に使われていて,利用者に還元されていません.まだ3大キャリアと契約してる方は,早々にMVNOに切り替えることをお勧めします.家族と一緒に乗り換えるとかなりの家計の節約になりますよ.

さらに通話料を節約したい方はこちらを続けてご覧ください.

050Freeは,プレフィックス番号経由通話と050IP電話両方に対応した通話料節約の救世主です.

フォローする