スーパーフライヤーズカード(SFC)でANA上級会員を格安で維持する | 髭犬の知恵袋

スーパーフライヤーズカード(SFC)でANA上級会員を格安で維持する

SFC会員は,1年間だけ飛行機修行すれば入会でき,ANAラウンジ利用など様々な特典を半永久的に格安で利用できます.

ANAとJAL

ANAとJALは日本を代表するエアライン

ANA JAL全日空(ANA)と日本航空(JAL)はどちらも日本を代表するエアラインです.その規模は非常に大きく,国内外のコードシェアも含めると主要都市すべてに空路を持っていると言ってもよいでしょう.また,定時運航率が高いことから,特にビジネスにとって欠かせない空の足になっています.

ANAとJALは,会員向けのマイレージサービスが充実していることでも知られています.飛行機に乗るだけでなく,生活のあらゆる場面で様々な特典と交換できるマイルが貯まります.例えば,クレジットポイント,各種ポイントサイトのポイントはマイルに移行できますし,提携店利用などでもマイルが貯まります.クレジットカードで貯めたマイルをお得な特典航空券に交換して,帰省や旅行に使っている方も多いのではないでしょうか?

ANA派,JAL派?

ANA vs JAL

このANAとJALは互いに競争関係にあることでも有名です.もっと言えば敵対関係にあります.その関係は,航空連合,コードシェア,ポイントシステム,提携店等にまで及んでいます.一部抜粋すると,ANAはスターアライアンスメンバーであり,JALはワンワールドメンバーです.スターフライヤーはANA陣営ですが,フジドリームエアラインズはJAL陣営です.楽天EdyはANA側ですが,WAONはJAL側です.楽天はANA側ですが,AmazonはJAL側です.三井住友カードはANA側ですが,三菱UFJニコスはJAL側です.ある程度業界に詳しくなると対立関係が見えてきます.

このような対立関係があると,どちらかを選ぶという発想がでてきます.いわゆるANA派,JAL派です.髭犬は最寄り空港にANA便しかないのでANA一択でしたが,羽田や伊丹空港が最寄りの方は,どちらの航空会社の便も充実しているので悩まれると思います.どちらのサービスもだいたい似通っていてあまり違いがないので,かなり好みの要素が強くなる選択です.

髭犬はANA派なので,以降の説明でANAについて紹介します.しかし,JALの場合でもANAとほぼ同じサービスがあります.JAL派の方は,ご自身でJGC,FLY ONポイント,回数修行,ワンワールド,ツアープレミアム,などを調べていただけたらと思います.回数修行とツアープレミアムはJAL独自でうらやましい限りです.

ANAとは?

日本最大の航空会社

ANAは,国内の航空会社の中で,国内線・国際線旅客数が最大のマンモス航空会社です.元々国内線はANA,国際線はJALが強かったのですが,JALが経営再建中にANAは国際線の路線数を増加させて国際線旅客数でも首位に立ちました.

また,ANAは,単独運航だけでなく共同運行(コードシェア)も盛んに行っています.他社とのコードシェアが多いと,ANAマイルの積算対象便が増えるので,抵抗感なく他社便を使えます.

国内ではスターフライヤー,AIR DO,IBEXエアラインズ,ソラシド エア,オリエンタルエアブリッジとコードシェアしています.スカイマークともコードシェアが始まれば,向かうところ敵無しです.詳しくは公式ページの共同運行情報から.なお,LCCのピーチとバニラ・エアはANAの子会社です.

海外では,次に述べるスターアライアンスはもちろんスターアライアンス以外の複数の航空会社ともコードシェアを行っています.詳しくは公式ページの共同運行情報から.

世界最大の航空連合スターアライアンスメンバー

Star Alliance

ANAは世界最大の航空連合スターアライアンスに所属しています.航空連合とは,加盟航空会社が,発券カウンター・チェックインカウンター,ラウンジ,手荷物施設,その他サービスを共有することで,世界中の就航都市へ効率的な乗り継ぎと統一されたマイレージサービスを実現するものです.そして,スターアライアンスは,28航空会社が加盟する世界最大の航空連合で,世界を舞台に活躍するビジネスパースンにお勧めです.

興味のある方は,以下のリンク(PC推奨)から就航都市やそこに至る空路を表示させることができますのでどうぞ.以下の画像はそれぞれTokyo(羽田 or 成田)からのスターアライアンス加盟航空会社が運航する直行便表示結果です.青丸が就航都市で,世界の主要都市をカバーしていることが分かります.

公式ページの就航都市とルート検索

スターアライアンスネットワーク

なお,日経新聞が公開した旅客輸送容量を判断基準にしたシェア率の円グラフは以下のとおりです.LCCは航空連合ではないですが,2位に付けています.

スターアライアンスシェア

日の丸航空会社

皇室政府専用機

ANAはナショナルフラッグシップの運航を支えます.2019年以降,政府専用機と皇室専用機(同じ2機のボーイング777-300ERで共用予定)の整備担当会社(所有は自衛隊)は,これまでのJALからANAに変更されることが決定しています.

ANA会員であれば,同じターミナルから飛び立つナショナルフラッグシップを拝めるかもしれません.

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブでのサイクル

マイレージクラブサイクル

ANAマイレージクラブ(AMC)での活動は簡単です.

まずAMCに入会です.

次に,地上のショッピングなどでマイルを貯める,または実際に飛行機に搭乗してマイルとプレミアムポイントを貯めます.

貯まったマイルは,特典と交換できます.例えばハワイに特典航空券で旅行するなどです.一方,ある基準を超えて積算されたプレミアムポイントによりステータスが上がります.このプレミアムポイントは,ステータスアップにのみ使われるもので,特典には変えられません.

このようなサイクルが,AMCの基本です.お得意様になってステータスアップすれば,より快適な空の旅が実現できるようになります.

AMC会員のステータス

さて,AMC会員は,様々なマイレージサービスを受けることができますが,そのサービスは会員のステータスによって差別化されています.これが,鉄道と飛行機の異なるところです.飛行機は,格差社会です.

AMC会員ステータスは,以下のように区分されます.数字が小さいほど高ステータスで,上級の優遇サービスを受けられます.他にもライフタイムマイルを貯めて,ミリオンマイラーというステータス区分を目指すこともできるのですが,多くの人にとって対象外と思われますので説明を省きます.(目指される方は,特典航空券でもライフタイムマイル加算(事後登録必須)できますので,忘れずにどうぞ)

  1. ダイヤモンド(DIA)
  2. プラチナ(PLT)
  3. スーパーフライヤーズカード(SFC)
  4. ブロンズ(BRZ)
  5. 一般会員

プレミアムステータス

一般会員は,AMC入会と同時に得られるステータスで,最低限の恩恵を受けられます.なお,同時にスターアライアンス一般会員でもあります.

通常のプレミアムステータスが,BRZ,PLT,DIAです.なお,BRZであれば同時にスターアライアンスシルバー会員ですし,PLTまたはDIAであればスターアライアンスゴールド会員でもあります.

SFCは,後に述べますがやや特殊なプレミアムステータスです.ボーナスマイル等ではPLTより下の扱いを受けていますが,ほぼPLT相当と考えていただいても問題ありません.同時にスターアライアンスゴールド会員でもあります.

ステータスアップ

一般会員からランクアップするためには,前年(1/1~12/31)に獲得したプレミアムポイントがある基準を超えなければなりません.BRZは3万,PLTは5万,DIAは10万プレミアムポイントの積算が必要です.

ステータスアップ

 

このプレミアムポイントは,実際にANAまたはスターアライアンスが運行する飛行機に有償で搭乗しないと貯まらないもので,ANAの場合はANAフライト・プレミアムポイントシュミレーションから計算できます.

ビジネスパースンの利用が多い伊丹-羽田の便をシミュレーションしてみると,運賃が旅割(早期割引)の場合は片道420プレミアムポイントしか貯まりません.この場合,PLTステータスになるためには60往復必要です.いかにステータスアップが難しいが理解していただけると思います.

ステータスによる恩恵

ここでは,髭犬が重視する高ステータスの優遇サービスを紹介します.なお,高ステータスと同じ優遇サービスは,一般会員でも高額な運賃設定の便(ファーストやプレミアムクラスなど)を利用することで得られる場合がありますが,ここでは髭犬のような庶民を想定してエコノミーや普通運賃以下に限定して説明します.

プレミアムデスクの利用

BRZ以上のステータスホルダーは,一般とは電話番号が異なるプレミアムサービスデスクを利用できます.急な予約変更の時にたまに利用していますが,電話がつながらないことはまず無かったです.プラチナクレジットカードのコンシェルジュサービスのようなもので,安心感があります.

プレミアムデスク

なお,プレミアムサービスデスクを利用する場合は,050Freeでフリーダイヤル番号にかけることができますのでお勧めです.海外でローミング等を利用しない場合に特に威力を発揮しますね.

基本料無料の050Freeで通話料節約
050Freeは,プレフィックス番号経由通話と050IP電話両方に対応した通話料節約の救世主です.

国内線座席指定の優先

BRZ以上のステータスで,国内線座席指定の優先を受けられます.ステータスが上位なほど前方席を予約段階で取れます.画像には表示されていませんが,SFCはPLTとBRZの間であると考えてよいそうです.この前方席予約は,到着時に優先的に降乗できて,時間が節約できるので価値があります.

座席の優先

一方,優先搭乗は髭犬自身は特にメリットを感じません.プレミアムメンバーは前方席を占める場合が多いので,優先搭乗したら後続の迷惑になるだけだと思います.ちなみに,髭犬は利用したことがありませんが,国際線ファーストクラスは扉が別なので,優先搭乗のメリットがあると思います.

優先チェックイン

優先チェックインカウンターは,SFC以上のステータスで利用できます.以下は羽田国際線ターミナルのエアチャイナを利用したときに撮影したカウンターの様子ですが,左が一般チェックイン,右が優先チェックイン(スターアライアンスゴールド)です.優先チェックインを利用することで,並ぶ時間が劇的に減ります.

チェックインカウンター

無料手荷物許容量の優待

お土産を大量に持って帰るときに便利な優待です.スーツケースが足りないときは,旅先で確保した段ボールを利用することもできますよ.

国内線(ANA便),普通席

SFC以上のステータスで,一般会員より+20kg多く預けられます.意外かもしれませんが,個数制限はありません.

国内線手荷物

国際線(ANA便),(プレミアム)エコノミー

BRZ以上のステータスで,+1個多く預けられます.

国際線手荷物

国際線(ANA以外のスターアライアンス便)

SFC以上(スターアライアンスゴールド)で,個数制の場合は+1個,重量制の場合は+20kg多く預けられます.

国際線プレミアムエコノミーへの変更

SFC以上のステータスでは,ANAが運航する国際線において,もしプレミアムエコノミーに空席があれば,エコノミーから無料アップグレードできます.プレミアムエコノミーはエコノミーよりもゆったりとした座席で,さらにエコノミーよりも前方に配置されていますので価値があります.

プレミアムエコノミーへ

このプレミアムエコノミーでは,オプション品も充実しています.ノイズキャンセラー機能のヘッドホン,スリッパが用意されており,さらに希望すればマスク,アイマスク,耳栓,歯ブラシがもらえます.

ヘッドホン

スリッパ

アメニティセット

この無料アップグレードは,該当の国際線出発24時間前にオンラインチェックインの座席変更でプレミアムエコノミー席が空いていれば可能です.以下はたまたま一席空いていたF19を確保した例です.

なお,オンラインチェックインで確保できなくても,空港のチェックインカウンターで申し出ましょう.髭犬は,当日チェックイン時にカウンターで申し出て,無料アップグレードに成功したことがあります.また,最終手段のゲートでの申し込みでアップグレードに成功したこともあります.ちなみに,キャンセル待ちの概念はないので,申し込みを続けるしかありません.

優先レーン(保安検査場)

SFC以上のランクで,保安検査場の優先レーンを利用できます.一般レーンが混んでいれば,優先レーンを利用してみましょう.スムーズに保安検査を終えることができます.下の羽田空港で撮影した写真は,右が一般レーンへの入り口,左が優先レーンへの入り口です.このように,入り口の雰囲気がずいぶん違う場合があります.ちなみに,写真の場所では保安検査場に隣接して専用のプレミアムチェックインカウンターがあります.

保安検査場入り口

プレミアム保安検査場

ANAラウンジ利用権,スターアライアンスラウンジ利用権

ANAラウンジはANA LOUNGEとANA SUITE LOUNGEの2種類あります.その他にもスターアライアンスに属する航空会社のラウンジがあります.

ANA LOUNGE

ANA LOUNGEは,SFC以上のステータスで利用できます.同行者1名も利用できます.値引率の高い旅割であっても,特典航空券を利用した無料フライトであっても利用権があります.

国内線

国内線のANA LOUNGEは,ドリンク(アルコール有り)とおつまみ「すなっくみっくすおつまみ」が提供されています.髭犬は,日経新聞を読みながら,またはコンセント(ほぼ全席に備え付けられている)にパソコンを繋いで仕事をしつつ,搭乗時刻10分前まで過ごしています.

以下の写真の白,緑,オレンジ,赤のドリンクはそれぞれ牛乳,青汁,野菜ジュース,トマトジュースです.牛乳は生乳100%ではありません.青汁はキューサイです.野菜ジュースは果汁有りです.トマトジュースは食塩有りです.

国内線ANA LOUNGE

すなっくみっくすおつまみは,黒大豆,えび揚げ,柿の種,白こつぶで構成されています.白こつぶはこつぶ餅のことです.小腹をみたすのにちょうど良いです.

外観

外観裏

すなっくみっくすおつまみ

沢山ありますが,持ち出し厳禁です.

おつまみたくさん

おつまみで腹を満たせない場合は,食べ物の持ち込みが可能ですのでどうぞ.羽田空港にはマクドナルドがありますね.

マクドナルド

マクドナルドについても記事がありますので,興味があれば下記を.

マクドナルドで100円未満の格安ハンバーガーセットを味わう
KODOアプリ, 増量オプション,電子マネー,ポイントを活用して実質100円未満でハンバーガーセットが完成します.
国際線

国際線のANA LOUNGEは,国内線よりも広く軽食も提供されています.興味のある方は,このリンク先のANAラウンジパノラマツアーやお食事メニューをご覧ください.乗り継ぎ待ちが長いときは助かります.

軽食1

軽食2

ANA SUITE LOUNGE

ANA SUITE LOUNGEは,ANA LOUNGEよりも上級のラウンジで,DIAが利用できます.同行者1名も利用できます.髭犬は一生入る機会が無いと思います.気になる方はご自身でお調べください.ちなみに国際線ANA LOUNGEのNoodleカウンターからANA SUITE LOUNGEを覗くことができます.提供しているメニューは差別化されていますが,厨房は同じなのです.

SUITEへの道

スターアライアンスラウンジ

ANA以外のスターアライアンス系列の航空会社のラウンジであっても,SFC以上のステータスで利用できます.なぜならスターアライアンスゴールドの資格があるからです.ですので,海外出張のときは助かります.同行者1名も利用できます.

例えば,以下の案内には3つのラウンジがありますが,いずれも利用可能です(ただ,ルフトハンザラウンジの場合,Senatorよりランクの低いBusinessを選ぶ理由はないですので,実質2つです).

ラウンジ案内板

以下は,ルフトハンザのラウンジにて.

SenatorLounge

軽食です.

フランクフルト・フルトハンザラウンジにて

シャワー室も利用できます.長時間フライトの前にさっぱりしたいですね.

シャワー

エアカナダのラウンジにて.

エアカナダラウンジ

昼食です.

エアカナダラウンジお食事

空席待ちの優先

BRZ以上のプレミアムメンバーは,空席待ちで優先されます.トラブルが発生して,予定とは異なる便に乗りたい場合などで空席待ちをしますが,以下の種別(ランク)と番号(申し込み順)で区別されるルールに従って優先的に空席が割り振られます.

空席待ちルール

たとえば,以下は髭犬が空席待ちをしたチケットです.SFCだったので種別はAで,Aの中で2番目に申し込みました.そして,ほぼ満席でしたが,空席をゲットできました.

空席待ちチケット

 

フライトボーナスマイル

AMC会員でANAカードを保有していれば,ANAまたはUNITED運航便で通常のマイルの他にボーナスマイルが積算されます.そして,プレミアムメンバーであればそのボーナスマイル積算率がさらに上がります.積算率は,プレミアムメンバーの継続状況や,ANAのクレジットカードのカードランクにもよって設定されています.

以下はDIA, PLT,BRZの場合の積算率です.括弧内はゴールドまたはプレミアムカード保有の場合の積算率で,これらの上級カードだと5%アップします.

  • DIA
    • 1年目 115(120)%
    • 2年目 125(130)%
  • PLT
    • 1年目 90(95)%
    • 2年目 100(105)%
  • BRZ
    • 1年目 40(45)%(カードプレミアムの場合は50%)
    • 2年目 50(55)%

SFCの場合は,下記の通りです.なお,SFCでもあり,DIA, PLT, BRZのいずれかの会員であるもある場合は,積算率が高い方が優先されます.

  •  SFC
    • 一般カード 35%
    • ゴールドカード 40%
    • カードプレミアム 50%

手荷物受け取りの優先

SFC以上の会員の荷物は,ファーストやプライオリティタグがつけられ,一般の荷物に先行して運ばれてきます.もちろんファースト優先です.ANA便の場合は,DIAは基本的にファーストタグ,PLTとSFCはプライオリティタグが荷物につけられます.スターアライアンス加盟航空会社の場合は,SFC以上のステータスでプライオリティタグがつきます.ファーストタグプライオリティタグ

Priority tag

アップグレードポイントの付与

アップグレードポイントは,BRZ以上のステータスで付与され,座席アップグレードなどに用いることができます.前年度(4/1~3/31)に獲得したプレミアムポイントに応じて,以下のように与えられます.有償(特典航空券を使わない)で1回でも飛行機に乗れば,4アップグレードポイントです.SFCかつBRZ, PLT, DIAの場合は,追加でさらに4アップグレードポイントもらえます.

国内線の場合は普通席からプレミアムに,国際線の場合はエコノミーからビジネスやファーストにアップグレードできます.できれば国際線長距離路線のエコノミーからビジネスへのアップグレードを狙いたいところです.しかし,長距離路線の代表格であるアメリカ・ヨーロッパへの便では,アップグレードに10ポイント必要であり,ポイントが足りない場合が多いです(その他の路線についてはこちらを参照).ちなみにアップグレードポイントの有効期限は一年です.

ということで結局,髭犬はアップグレードポイントをアップグレードに使えず,スカイコインに変更しています.1アップグレードポイントは,1,000スカイコインに変換可能です.スカイコインとは,ANAホームページで航空券や旅行商品のお支払いにご利用できるANA独自の通貨で,10スカイコイン単位(10円の価値)で利用可能です.

ポイント交換

スルガ銀行ANA支店ランクアップ

DIA, PLT, BRZメンバーは,スルガ銀行のANA支店で4ツ星を獲得でき,ATM出金や他行振込手数料が月10回無料になるなど優遇を受けられます.詳しくは下記記事にて.

スルガ銀行ANA支店はANAマイラー御用達の銀行支店
スルガ銀行ANA支店は,ATM手数料・他行振込手数料無料で,ANAマイルが貯まる仕組みもあり,海外旅行保険も付く優秀な銀行支店です.

優遇サービスまとめ

いかがでしょうか,プレミアムステータスとはいえ,BRZはあまり役に立ちません.優遇サービスのほとんどがSFC以上でなければ受けられないことが分かりますね.そして,一度これらのサービスを受けたらもう一般会員に戻れません.以降は,その要求を簡単に満たしてくれるSFCについて紹介しましょう.

SFCは永遠のステータス

プレミアムステータス維持が容易

BRZ,PLT,DIAステータスは前年のプレミアムポイント獲得数によって決定されます.そのため,それらのステータスを持っていたとしても,本年のプレミアムポイント獲得数が規定以下であれば,翌年はステータスを失効します.つまり上級のステータスを維持するには,継続してANA便に搭乗する必要があります.出張族の方は問題なくステータス維持できるのでしょうが,髭犬のように年に数回から十数回程度の利用ではとても維持できません.ちなみにPLTを維持するには,毎年最低でも航空券代だけで約50万円必要です.

そんな方々のために用意されたステータスがSFCです.SFCは,PLTまたはDIAの資格がある間に,クレジットカード(SFC)を発行することで得られます.大切なことは,クレジットカードの年会費を払い続ける限り,SFCステータスが維持されることです.飛行機搭乗は必要ありません.

言い換えると1年間集中的に飛行機に搭乗して,5万プレミアムポイントを達成し,PLTステータスを得てクレジットカードを申請すれば,PLTとほぼ同等のSFCステータスを永久に維持できます.カードの実質年会費は後で紹介しますが安いもので約1,500円程度です.PLTは維持費が約50万円ですが,SFCは約1,500円に減るのです.

SFC修行とは

SFC目的でPLTステータスを獲得するために,1年間特に用事も無く飛行機に乗る行為をSFC修行と言うそうです.そして,修行をされる方を修行僧,5万プレミアムポイント貯めることを解脱と言うそうです.インターネットで検索すると多くの方の体験記を読むことができます.

髭犬も2016年に,SFC修行をしました.仕事で3万プレミアムポイント獲得できることが分かっていたので,残り2万プレミアムポイントを獲得するために,自腹してエアチャイナビジネスクラスとANAプレミアムエコノミーを利用しました.20万円ぐらいの出費です.当時はいったい何を考えていたのでしょうね.

以下が当時のSFC修行前後のカード達です.最初にANAゴールドを作成しておき,BRZ,PLTステータスに必要な3,5万プレミアムポイントにそれぞれ到達してBRZ, PLT事前サービス用のステータスカードをいただき,ANA SFCゴールドを申し込んで発行し,翌年PLTステータスカードをいただきます.写真には,青いSFCステータスカードもありますが,コールセンターに依頼すればいただけます.

スーパーフライヤーズカード(SFC)

SFCのクレジットカードを解約しない限り,SFCステータスカードが毎年届きます(PLT,DIAの時は依頼が必要).

SFC2018

スマホアプリのデジタルカードもあります.

提示用デジタルカード

SFC家族会員

SFCは,家族カード設定ありのクレジットカードです.そして,家族カードにおいても,ANA LOUNGE利用などの主要なSFCサービスを受けられます.言い換えれば,家族は過酷なSFC修行をせずとも,いきなり上級会員になることができます.これは大きなメリットです.もし家族がいて,本人と家族が別々にANA関係の飛行機に乗ることが多いのであれば,発行しても良いかもしれません.

コスパの高いSFCは, ANA VISA/Master スーパーフライヤーズゴールドカード

SFCステータスを格安で維持したい髭犬のような方には,SFC年会費のコストパフォーマンスが飛び抜けて良いANA VISA/Master スーパーフライヤーズゴールドカード(三井住友カード)がお勧めです.

ANA vISA GOLD SUFC

クレジットカードのスペックは,下記の表の通りです.クレジットカードとして注目すべきところをその表の後で解説します.
 ANA SFC VISA/Master GOLD
本会員
ANA SFC VISA/Master GOLD
家族会員
正規年会費
(税抜)
15,000円7,500円
マイ・ペイすリボ,
WEB明細による
割引後年会費(税抜)
10,500円6,000円
新規・継続
ボーナスマイル
2,000マイル0
手帳・カレンダーあり
(希望無しで500マイル)
なし
飛行機搭乗による
アップグレードポイント付与
4ポイント以上
(4000スカイコイン以上)
なし
1マイル=約2円
1スカイコイン=1円
における実質年会費
約1,500円以下6,000円
カードラウンジ利用権ありあり
カード利用による
マイル積算
1,000円=10マイル1,000円=10マイル
ボーナスマイル積算率最低でも40%最低でも40%
国内旅行・航空保険
(ANAに限定しない)
最大5,000万円
利用付帯
最大5,000万円
利用付帯
海外旅行保険
(ANAに限定しない)
最大5,000万円
(傷害・疾病 150万円)
自動付帯
最大5,000万円
(傷害・疾病 150万円)
自動付帯
国内航空便遅延保険
(ANAに限定しない)
最大2万円
利用付帯
最大2万円
利用付帯

実質年会費

表の上の方は,このカードについての年会費関係をまとめました.正規年会費は,1万円以上とかなり高いです.しかし,三井住友カードは,マイ・ペイすリボ・WEB明細を利用することで,年会費が割り引かれます.そして,本会員はさらに,新規・継続ボーナス2,000マイル,手帳・カレンダー不要の場合の500マイル,有償搭乗によるアップグレードポイント(最低4ポイント=4,000スカイコイン)が得られます.それらを考慮すれば,本会員の実質年会費は約1,500円以下になります.家族会員より安くなるのは不思議です.

クレジットカードのマイル還元率

1,000円で10マイルです.正確には,1,000円で1ポイント,1ポイントで10マイルです.ポイントからマイルへの交換は,手動か自動を選べます.ちなみに,クレジットカードには,電子マネーとしてポストペイのiDとプリペイドの楽天Edyが付属していますが,iDは1,000円で10マイル,楽天Edyは200円で1マイルです.クレジットとiDは同じマイル還元率1%ですが,楽天Edyはその半分の0.5%しかありません.

この三井住友カードにはボーナスポイントという制度があって,前年度の利用額が50万円以上の場合,追加のポイントがもらえます.このボーナスポイントは,1ボーナスポイントで3マイルに手動でのみ交換できます.詳しくはこちらから.

その他に,ANAカードマイルプラス特約店の利用で,100円または200円につき1マイルが追加で貯まります.例えばANAホームページ(マイル特約店の1つ)から航空券をこのカードで購入すると,100円につき追加で1マイル得られます.他の有名どころですと,ENEOSでの給油やスターバックスプリペイドへの入金で100円につき追加1マイルです.これらの場合,通常のクレジット還元率と合算した合計マイル還元率は2%になります.対象店舗は非常に多いですので,興味があれば上記リンクから検索ください.盲点なのが積算のために会計時申し出が必要なグルメマイルです,多くの方がマイル積算のチャンスを逃していると思います.

マイルプラス

 

その他に少額のリボ払いをわざと発生させることで,クレジットのポーナスポイントを追加加算して,マイル還元率をさらに上げることができます.しかし,毎月煩わしい作業が必要ですのでここでは紹介しません.

(補足)マイルの価値が1マイル=2円だと仮定すると,このカードは年会費1,500円で2%還元と考えることができます.かなりコスパが良いです.年1往復でもいいので旅行や帰省でANAを利用する場合は,最強のクレジットカードになります.他のクレジットカードを普段のショッピングで使う理由がほとんど無くなるため財布を薄くできますよ.

軽くて薄い財布の勧め
ライトでスリムな財布は,スマートパースンの証です.スマートに財布を軽くしましょう.

カードラウンジ

また,ゴールドカードなので,カードラウンジが利用できます.混乱されるかもしれませんが,ANA LOUNGEはANA運営で,カードラウンジは主にカード会社の委託を受けて運営されています.断然ANA LOUNGEの方がラウンジの質は良いですが,ANA LOUNGEは保安検査場の先の制限区域内にしかないため,到着時に使えません(成田のアライバルラウンジは例外).また,JAL系列やLCCを利用した場合も使えません.カードラウンジは基本的に非制限区域内にあるので,到着時にも使えます.さらに,搭乗便の運行会社を問わず利用できます.早朝に到着すると,パンが提供されたり,空港によってはおつまみがあったりもします.

以下の写真は羽田POWER LOUNGEで撮影したものです.このときは,早朝でパンが提供されていました.ドリンクも豆乳入青汁,牛乳,黒酢,トマトジュースなど健康志向に応えてくれます.早朝に限定すれば,パンやドーナツが提供されるためANA LOUNGEに勝る価値があると考えます.

power lounge

旅行保険について

他にも,ゴールドカードですので旅行保険が付帯しています.詳しくはこのリンク(PDF)を参照ください.しかし,一番必要な海外傷害・疾病関係が150万円ともの足りないので,他のクレジットカードと保険額を合算した方が良いでしょう(興味があれば以下記事を参照ください).遅延保険もあるのが,飛行機関係のゴールドカードらしいです.もし国内線の飛行機が4時間以上遅延や欠航したら,1万円上限のお食事代が保険で支払われます.

クレジットカードで海外旅行保険を節約
海外旅行保険は,複数のクレジットカードに付帯している海外保険をうまく活用することで節約できます.

おわりに

SFCは,実質年会費約1,500円で,プレミアム会員ステータスを維持できるため,飛行機修行してでも欲しいものです.ビジネスやプライベートの空の旅に係る負担が大きく減ります.

なお,陸の旅については下記の記事をどうそ.

ポイント還元率1.5%以上のモバイルSuicaで節約しつつ快適な陸の旅を
モバイルSuicaは,ICカードの携帯が不要,どこでもチャージ可能と利便性が高いうえに,1.5%以上の還元率を誇ります.

飛行機の旅は,宿泊する場合が多いですが,民泊に抵抗がないのであれば安くてマイルも貯まるAirbnbはお勧めです.詳しくは下記記事をどうぞ.

Airbnbを利用して宿泊費を節約
空部屋をシェアする仲介サービスAirbnbを利用すれば,ホテルの相場より安く宿泊できてお得です.初回登録割引クーポンもあります.