髭犬のサイト

京都市でのお気に入りスポット~その2~

2020-10-13, 2020-10-13

アイキャッチ画像

桂川のほとり以外の京都市のお気に入りスポットを紹介します。住んでいたところから少し離れますので、基本的に車が必要です。なので、できるだけ駐車無料のところを選んでいました。

洛西竹林公園は隠れた竹の名所

京都市の洛西にある竹林公園は、公共交通機関ではアクセスしづらいので観光ガイドには載っていないと思いますが、風情があり落ち着けるいいところでした。なお、洛西はもともと京たけのこの産地で、その歴史を後世に残すため、開園したとのことです。ちなみに、資料館も含めて入園料無料で、無料駐車場もあります。

洛西竹林公園

入り口から少し歩くと竹の資料館があります。

竹の資料館

ここには竹に関する貴重な資料がいくつもあります。

竹に関する資料

様々な種類の竹も立て掛けられてあります。

各種竹

珍しい竹の種です。

竹の種

竹をフィラメントにしたエジソンの電球もあります。

竹フィラメントのエジソンの電球

資料館を抜けると公園があります。竹や笹を中心に緑が多く、癒やされます。

洛西竹林公園1

観光客はほとんどいません。いいところです。

洛西竹林公園2

ちょっとした広場です。

洛西竹林公園3

竹に隠れた資料館です。

洛西竹林公園4

この公園には、実は歴史的な遺構が2つあります。1つは、応仁の乱ゆかりの石橋である百々橋(どどばし)です。京都市上京区からこの竹林公園に移築されたとのことです。

百々橋

もう1つは、石仏群です。織田信長が室町幕府の足利義昭のために築いた旧二条城の石垣に使われたとされています。

石仏群

もちろん竹林公園ということで沢山の種類の竹が植えられています。日本で広く見られる孟宗竹(もうそうちく)はもちろん。

孟宗竹

美しい金明孟宗竹(きんめいもうそうちく)もあります。

金明孟宗竹

珍しい竹もあります。下の写真は、黒い竹の黒竹(くろちく)です。

黒竹

亀甲竹(きっこうちく)という亀の甲羅のような竹もありました。

亀甲竹

人工的に四角にした竹もあり、興味深いです。

人工四角竹

さらに、竹林の小径もあります。京都市には嵐山の他にも竹林の小径がいくつかありますが、ここもその1つです。観光客がほとんど来ないので、プライベート感溢れる写真を撮れますよ。

竹林公園竹林の小径

ちなみに、この竹林公園の隣には、子供広場があります。自然に囲まれた広場です。

竹林公園近くの子供広場1

ちなみに大きいの広場(上の写真)と小さい広場(下の写真)があります。

竹林公園近くの子供広場2

桂坂野鳥遊園で鳥のさえずりに癒やされる

森に隣接する(ほぼ森の中の)桂坂野鳥遊園では、鳥たちと出会えます。車がないと行きづらい場所にありますが、駐車場無料です。

桂坂野鳥遊園

苔道を歩いていると、そこら中から鳥たちの歌声が聞こえてきます。

桂坂野鳥遊園内の苔道

こもれびの滝です。鹿威しの音が、よいアクセントになっています。

桂坂野鳥遊園のこもれびの滝

入館無料の観鳥楼もあります。

桂坂野鳥遊園の観鳥楼

しっかりとした望遠鏡が設置されていますので、手ぶらで訪問してもOKです。

桂坂野鳥遊園の観鳥楼内

森の中の池で鳥を探します。髭犬はここで、カワセミを見つけたことがあります。

桂坂野鳥遊園の池

少し先には、ちょっとした広場があります。ほとんど人は来ないので、プライベート感があります。小川もあり、子供と遊ぶにはいい場所ですね。

桂坂野鳥遊園の広場

北野天満宮の水占い所は雰囲気満点

学問の神様である北野天満宮は、好きな神社でした。京都市内中央部では珍しい駐車場無料です。

多くの方が、この門をくぐって。

北野天満宮の門

学問に関する祈願をされていました。

北野天満宮の本殿

至る所に鎮座する牛にも、学生さんは合格祈願されていることでしょう。

北野天満宮の牛その1

髭犬も子供の学力向上を願っていました。

北野天満宮の牛その2

髭犬自身は、この小橋を渡ったところにあるちょっとした広場(梅の名所らしい)が好きでした。

北野天満宮の橋

そこには、小川があり、水占い所となっています。神社内に小川があるのは珍しいと思っています。

北野天満宮の水占いの占い所1

子供とちょっとした水遊びをして楽しみました。

北野天満宮の水占いの占い所2

以下リンクより、1つ前のカテゴリに戻れます。

アイキャッチ画像
髭犬ファミリーの地元スポット
家族と一緒に過ごしてきた地域のお気に入りの場所を記録しています。記録は、髭犬のサイト立ち上げの2020年からです。